画像認識 – IncuVision

Incubit独自のIncuVision Engineは個別のユースケースに最適化された画像認識学習エンジンです。画像・動画から、さまざまな人や物を識別し、意味のある情報を抽出することで課題を解決します。

より「人の認識」に近い高精度の画像認識を実現

IncuVision Engineはより「人の認識」に近い画像認識を実現します。
ユースケースに応じて、対象となる画像だけでなく、人が判断に使う副次的なデータ、例えば「素材」「建築年」といったメタデータや、温度や湿度の各種センサーデータ、地形データ、さらに時系列データなど複数レイヤーを組み合わせた学習を行うことで、画像データだけでは実現できない高精度のモデルを開発します。
モデルの出力結果はクライアントのビジネス課題を解決するよう個別にカスタマイズ可能です。領域抽出の結果を用いた分類モデルやミックス検出など、画像認識結果を用いたロジックの開発を行うことで、各業種における課題に対して最適なソリューションを提供します。

ユースケース毎に学習済みモデルをご用意。
少数データ、短期間でモデルを構築可能

幅広い業界のクライアントに対してモデルを提供してきた実績を活かし、ユースケース毎に学習済みの学習モデルをご用意しています。
学習済みモデルを現場ごとの課題に対してチューニングを施すことにより最適化。少数データを用いて、短期間で高精度の専用モデルを構築します。

IncuVision特化モジュール

IncuVision Case Study

画像生成エンジン – IncuGen

GAN(敵対的生成ネットワーク)など先端のテクノロジーを応用した画像生成は、学習用画像の自動生成、医療診断領域における画像の自動補完、個人情報の匿名化など、さまざまな業界において活用が始まっています。

IncuGen特化モジュール

PointCloud(点群)- IncuPoints

点群データは自動運転をはじめ、ロボットやコンピュータービジョンなど今後ますますの普及が予想されます。
ディープラーニングを用いたアプローチでは、3D形状・オブジェクト検知、3D点群セグメンテーションが可能です。

IncuPoints特化モジュール

お仕事に関するご相談や質問など、まずはお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

AI活用ブログ