Incubitで働く

個々人がそれぞれ持つユニークな才能や好奇心、情熱や興味関心こそが、組織を動かし世界を変えていく。私たちはそう信じ、新鮮な視点や異なるアイデアとともに、私たちに大きな影響を与えてくれる新しい仲間を常に探しています。

Incubitについて知っておきたい7つのこと

01

私たちは日本の様々な業界を牽引するクライアントのために、最先端のテクノロジーを活用した唯一無二の美しいテイラーメイドのソリューションを提供しています。

02

日本と台湾に拠点を持ち、主にエンジニアとプロジェクトマネージャーからなる、勤勉で愉快な多文化チームです。世界中から集まったメンバーによるグローバルな価値観と、品質を重視し世界から信頼される日本企業の文化とが化学変化を起こす、ユニークな環境です。仕事は英語で行います。

03

自由と独立性と長期的な発展性を何よりも大事にしているため、ベンチャーキャピタルの関与も無く、事業利益をベースに健康的に成長しています。

04

私たちは熱心に仕事をします。そして同時に、ワークライフバランスの必要性と、個々人の自律性を尊重します。メンバー間の階層はなく、人格と実力を本位とし、各個人の能力が最大限に発揮され、「仕事」が人生の制約ではなく喜びとできるような環境を作ろうとしています。

05

各プロジェクトは数人単位の少数精鋭チームで遂行しています。各メンバーは、裁量を持ってプロジェクトに関わり、そのプロジェクトの成功に対して、目に見える役割を担います。

06

持続可能で長期的な関係性の構築を大事にしています。私たちの仕事はすべてプロジェクトベースですが、個別のプロジェクトを超えた、長期的な関係性をクライアントと構築したいと考えています。

07

多様な業界のクライアントともに様々なプロジェクトを行うため、常に新たな技術テーマ、新たな業界固有の課題へのチャレンジがあります。メンバーそれぞれが自らの好奇心を発揮できるよう、プロジェクトアサインやR&Dテーマについてはメンバー同士で決定をしています。

Life at Incubit

朝早くから仕事をするのが好きなメンバーもいれば、午後、もしくは夕方近くに出社するメンバーもいます。その日リモート勤務をする場合は、Slackにメッセージをなげます。

週に1回、会社にいるメンバーでランチを食べてコミュニケーション。その日以外はおもいおもいに。家で食べてくる人もいれば、仕事をしながら派、外の公園派、連れだって外食派など、様々です。金曜日には、午後3時のティータイムで、有志による手作りのお菓子を食べながら、時々プライベート、時々仕事、時々各国の時事ネタを話題にお茶をします。

唯一全員参加が義務付けられているのは、週一回のWeekly Meetingと年4回のQuarterly Meetingです。Weekly Meetingでは現在進行形のプロジェクト、新しいプロジェクト、HRの状況など、最新の情報を全員で共有します。Quarterly Meetingでは、四半期を振り返り、会社の業績、遂行したプロジェクト、事業目標などを共有し、情報の透明性を確保すると同時に、事業計画や会社が目指す方向性に対して、メンバーがフィードバックします。

少数精鋭なメンバーのため、採用に重きを置いています。HRとハイアリングチームが協働して採用活動を進めますが、最終インタビューは必ずメンバー全員が参加します。

日常的な飲み会は存在しませんが、花見や忘年会、季節の移り変わりを大事にする日本文化を尊重し、節目節目でイベントを開催します。

エンジニアはヘッドフォンから好きな音楽を聴きつつ、もくもくと集中してコードを書き、それをInterruptするPMたち、というのがインキュビットにおける日常の風景です。Interrupt歓迎、オフィス中に点在するホワイトボードを前に活発な議論が始まります。

Member