長谷工コーポレーションとインキュビットが、マンション設計業務におけるAI利活用を目指す共同研究を開始

~次世代設計システムにおける深層学習を用いた画像生成技術の活用の可能性を探る~ 株式会社長谷工コーポレーション(本社:東京都港区、社長:池上一夫、以下長谷工)と株式会社インキュビット(本社:東京都渋谷区、CEO:北村尚紀、以下インキュビット)は、ディープラーニング(深層学習)を用いた画像生成技術を適用しマンション設計業務の効率化を目指す次世代システムにおいて、基礎となるAI技術の実現可能性を探る共同研究を開始しました。 長谷工は、これまで長谷工版BIM(*1)の活用推進をはじめ、先進技術導入による事業モデルの再構築を進めると同時に、将来的な成長に向け、デジタルトランスフォーメーション(DX)による抜本的な生産性改革に取り組んできました。 一方、インキュビットは、ディープラーニング(深層学習)を用いた画像認識技術に強みをもち、これまで医療・地質・農業・バイオ・宇宙・製造などの様々な業界をリードする日本の企業や機関と共に、社会的意義の高い業界固有の課題に取り組み、技術開発と社会実装を行ってきました。 本共同研究は、マンション建設最大手である長谷工のマンション設計に関する知見と、インキュビットのAI技術、特にディープラーニング(深層学習)に関する知見や技術を組み合わせることにより、過去の設計図面をAIを用いて効率的に活用する基礎技術の実現可能性を探る一方で、 将来的なAIを活用した設計、施工の新たな手法の研究を目的とするものです。 *1: 長谷工版BIM:意匠・構造・設備・外構等の図面を一元化し、コンピューター上にパーツを組み上げて作成した3次元の建物のデジタルモデルに、仕上げや管理情報などの属性データを追加した建築物のデータベース。さらに、関連する業務とのデータの受け渡しを行うための様々なツールを整備。